HOME > 製品案内 > 供給排出機 > ロータリーバルブ

ロータリーバルブRotary Valve

ロータリーバルブのトップランナー フルード工業

出荷を待つロータリーバルブ群 Rotary valves waiting for shipment

出荷を待つロータリーバルブ群

 

ロータリーバルブは、空気輸送ラインへの粉粒体の供給やエアシール、タンク・計量器・集塵機等からの粉粒体の供給や排出を行うなど、プラントに欠かせない機器であり、フルード工業の代名詞ともなっている主力製品です。   フルード工業では、1978年にJIS標準数仕様ロータリーバルブを日本で初めて開発し発売するなど、お客様のニーズにいち早く対応。その使い勝手のよさとクレームがほとんど無いことから、信頼性に揺るぎないご評価をいただいております。これからも、あらゆる用途に合わせた多様なラインアップで、お客様のご要望にお応えします。

 

 

 

  ロータリーバルブとは      

 

 

 

J1型ロータリーバルブ              

 

J1型ロータリーバルブ

J1形ロータリーバルブ(J1-type rotary valve)
 
 

J1サニタリ型ロータリーバルブ

J1サニタリ形ロータリーバルブ(J1 sanitary type rotary valve)
 
 

40年間余ご愛顧いただいたJシリーズおよび発売35年になるJNシリーズのロータリーバルブの後継機として登場したJ1シリーズのロータリーバルブです。従来のJ型・JN型機と面間取合は全く変えず、互換出来る新シリーズです。

 

カッコいいでしょ!!

 

ロータリーバルブ ラインアップ

田島精機型 ロータリーバルブ(J1形ロータリーバルブ(tajima-type rotary valve)  
田島精機型
ロータリーバルブの老舗 田島精機工業株式会社を引き継ぎ、製造販売しているものです。交換部品の供給も行っております。
 
J1形ロータリーバルブ(J1-type rotary valve)  
J1型シリーズ

最新鋭のロータリーバルブです。先々JN型シリーズのすべてと、J型シリーズの一部を除き、新しい主力機種になって参ります。なお、全ての外部取合は変りません。

ロータリーバルブを用途から探す はこちら

国の産業技術史資料に登録されています!

国立科学博物館の産業技術史資料情報センターの「産業技術史資料データベース」に登録されています。  

数少ない「粉体工業技術」の中で、フルード工業が先見性を誇るロータリーバルブに関する2アイテムが登録されています。

産業技術史資料データベースはこちら

 

ロータリーバルブの作動の様子(動画)

       ※この動画は音が出ます。

 

  • お見積りはこちら
  • お問い合わせはこちら