サニタリネオ型Sanitary Neo Type Rotary Valve

サニタリネオ型ロータリーバルブ

スタンダードサニタリ型を高度化して漏れ風量を減じ、使用可能圧力範囲を拡げたものです。

最大使用圧力において、J型(JIS標準数仕様)ロータリーバルブの+35kPaと同等のシール性能を有します。

 

 

 

特長
片持式で、ノブネジを外すだけでエンドカバーは簡単に開放できます
付属専用ツールで簡単にロータが抜き出せます
使用圧力は条件により -27~+28kPaです
オプションで、ドア式、PTFEコーティング等も可能です
 
 
用途
粉砕機・計量機・タンク下など、粉体のあらゆる供給・排出部に
内部洗浄を要する粉体の供給・排出に
 
 
主な仕様
フランジ形状

丸フランジ(JIS5K相当)、角フランジ(FIS-ZFS型

※オプションでJIS10K相当、ANSI、

 ヘルール等にも対応可能

サイズ

丸型:100~400A

角型:160~400㎜

ロータの種類 標準羽根ロータ
粉接部材質 SCS13/SUS304、SCS14/SUS316、SCS16/SUS316L、FC/SSなど
駆動方式 チェーン駆動型、モータ直結型
 
 
サニタリネオ型ロータリーバルブ
チェーン駆動型の例
 
外形図・寸法表はこちら
 
  • お見積りはこちら
  • お問い合わせはこちら