HOME > フルードテクノロジー

フルードテクノロジーTechnology

つねに顧客満足度の最大化を果たす。
技術力とお客様に尽くす想いが、フルード工業の強みです。
  • 研究開発
  • フルード工業の強み
  • エンジニアリング
  • 実験・試験
  • 技術力・若いパワー
  • 製品開発

研究開発

混相流体は非常に専門性が高く、未だに解明されていない未知の領域も多く残されています。フルード工業では、空気輸送で学位を取得した工学博士(研究開発室長)を中心に、精密実験を通した基礎研究を進め、高度な技術体系の構築を推進。新技術の実用化へ向けた努力を重ねています。
  研究開発

エンジニアリング

エンジニアリング  
お客様のニーズを深く理解しながら、混相流体の最先端技術や柔軟な発想力を駆使して装置設計を実施。使用環境・コスト・納期などの開発条件も踏まえながら、実績豊富なエンジニアリング技術でお客様にとってのベストソリューションを追求します。
 
空気輸送エンジニアリングシステムはこちら

実験・試験

弊社つくばテクノセンタには、空気輸送装置をはじめ、各種粉粒体の実験装置・機器が整備されています。研究開発以外にも、お客様からのご依頼により、実際の輸送物を用いた輸送可否確認や能力確認など様々な実験を行っております。
 
実験の受託についてはこちら
  つくばテクノセンタ

製品開発

耐熱用バタフライダンパー  
研究開発によって得られた新たな技術を活かし、社会に求められる新製品を開発。写真は、口径Φ1,250、850℃の排ガス熱の微量の変化にあわせて開閉を自動調整する耐熱用バタフライダンパーです。

メンテナンス

フルード工業では、創業以来半世紀におよぶすべての納入製品の製作情報を保存し、お問い合わせや修理依頼に対しても迅速かつ的確に対応しております。
 
メンテナンスについてはこちら

お客様を深く知る営業力が、真の顧客満足を実現

イメージ

真のご満足を提供するために、フルード工業では技術力だけでなく、お客様のご要望を引き出す営業力を強化。女性営業スタッフも活躍、設計から製作、施工の全てのプロセスで、お客様の真意を理解し、最適な技術提案につなげていきます。