HOME > 製品案内 > 供給排出機 > 二段ダンパー

二段ダンパーDouble Damper

耐熱用バタフライダンパなど  
集塵機下や空気輸送の送り終わりなどに設置し、上下の弁体を交互に間欠的に開閉させることにより、上下のエアシールをしながら粉体を排出します。付着性の高い顔料や、高温高圧下での摩耗性の高いセメントや活性炭などの生産現場で活躍しています。
 

ハイパフォーマンス型 新二段ダンパー(ダブルダンパー、ダブルフラップダンパー)

高いシール性排出能力の大幅UPハイコストパフォーマンスなどを実現しました。

特長

低価格

点検口はノブネジ式のため、開閉が容易です

(但し、アウトサイドメタル式と181℃以上はボルト止め)
エアシリンダ式、モータ式とも完備
アウトサイドメタル式、インサイドメタル式があります
 
 

仕様など

口径 : □200
材質 : FC、SS
使用温度 : 機種によりますが、350℃まで

耐圧(上下差圧)

アウトサイドメタル式  : Max.±40kPa

インサイドメタル式 : -5~0 kPa

 

用途

高いシール性が求められるところに
圧送式・吸引式空気輸送の送り元・送り終わり部でのエアシールに
 
 
 

姉妹機

 
三段ダンパー(トリプルダンパー、トリプルフラップダンパー)
 写真はアウトサイドメタル式です。インサイドメタル式もございます
 エアシリンダ式のみです
 
単段ダンパー(シングルダンパー、シングルフラップダンパー)
 写真はアウトサイドメタル式です。インサイドメタル式もございます
 エアシリンダ式のみです

 

 

 
エアシリンダ駆動式 アウトサイドメタル式
エアシリンダ駆動 アウトサイドメタル式

エアシリンダ駆動 インサイドメタル式

エアシリンダ駆動 インサイドメタル式

モータ駆動式 アウトサイドメタル式

モータ駆動 アウトサイドメタル式

モータ駆動式 インサイドメタル式

モータ駆動 インサイドメタル式
 
 
 
  外形図・寸法表はこちら   お見積はこちら  
         
     

J(標準)型 二段ダンパー(ダブルダンパー、ダブルフラップダンパー)

特長

●驚異の気密性と耐摩耗性能
ロータリーバルブの百~数百倍という高いシール性をもちます。高速リーク気流が抑えられ、必然的に優れた耐摩耗性能も発揮します。
 
 
●過酷な条件に数々の実績
温度:機内温度750℃まで製作いたします。

圧力:サイズによりますが、上側が真空~(+)0.1MPa程度まで製作可能です。

 
●用途を広げる豊かなシステム群
圧力バランスシステム、高温用水冷ユニットなど、豊富に揃えたシステム群で多様な用途に対応します。
 
●徹底した保守性能
消耗部分はすべて交換可能、保守性に優れます。
 
エアシリンダ駆動式 J(標準)型ダブルダンパー
エアシリンダ駆動式
モータ駆動式 J(標準)型ダブルダンパー
モータ駆動式

用途

特に高いシール性が求められるところに
圧送式・吸引式空気輸送の送り元や送り終わり部でのエアシールに
付着性や摩耗性の大きな粉体の供給排出に
高温・高圧下での粉体の供給排出に
■ エアシリンダ駆動式の特長
●構造がシンプルです。

●高吸引下での圧力バランスシステムの組み込みが可能

 です。

●高正圧下では、モータ駆動式に比べて駆動エネルギが

 少なくて済みます。

●制御盤(オプション)による作動数の調整で、無駄の

 ない運転を行うことができます。

 
■ モータ駆動式の特長

●特殊タイミングカムの働きで弁体開閉が行われるため、

 制御盤・圧空源が不要です。

●作動は静かで、耐久性に優れます。

●カムはオプションで焼き入れができ、耐久力が大幅に

 増します。

●万一、弁体が異物を挟んでも機械に無理がかからない、

 セルフ・セーフ・シール式です。

  外形図・寸法表はこちら   お見積はこちら  
         

E(エコノミ)型 二段ダンパー(ダブルダンパー、ダブルフラップダンパー)

集塵機下などに設置し、上下のエアシールをしながら粉体を排出します。

特長

軽量・低面間・低価格
点検口は負圧用ではノブネジ式のため、開閉が容易です
エアシリンダ式、モータ式とも完備
 
 

仕様など

正方形角フランジが標準です
使用圧力 : -20 ~ +5 kPa

使用温度と構造・材質上の対応

60℃まで : 標準機で対応

350℃まで : 圧力等を吟味の上、条件により非水冷で別途製作いたします

500℃まで : 別途ご相談ください

 
 

用途

集塵機下で、粉体の供給排出に
圧送式空気輸送の送り終わり部に
比較的圧力の低い条件下での粉体の供給排出に
 
 
エアシリンダ駆動式 E型ダブルダンパー
エアシリンダ駆動式
モータ駆動式 E型ダブルダンパー
モータ駆動式
  外形図・寸法表はこちら   お見積はこちら  
         

L(ライト・ローコスト)型 二段ダンパー(ダブルダンパー、ダブルフラップダンパー)

集塵機下などに設置し、上下のエアシールをしながら粉体を排出します。

特長

軽量・低面間・低価格
点検口は負圧用ではノブネジ式のため、開閉が容易です
エアシリンダ式、モータ式とも完備
 
 

仕様など

正方形角フランジが標準です
使用圧力 : -5 ~ 0 kPa

使用温度と構造・材質上の対応

60℃まで : 標準機で対応

230℃まで : シール部材質の選択により非水冷で完全対応

 
 

用途

集塵機下で、粉体の供給排出に
圧力の低い条件下での粉体の供給排出に
 
 
エアシリンダ駆動式 L型ダブルダンパー
エアシリンダ駆動式
モータ駆動式 L型ダブルダンパー
モータ駆動式
  外形図・寸法表はこちら   お見積はこちら  
         
     

三段ダンパー(トリプルダンパー、トリプルフラップダンパー)

粒体の排出にも抜群のシール性能を発揮します。

特長

独自開発の挟み込み専用段を持ち、二段ダンパーでは不可能だった粒体の排出に対しても、抜群のシール性能を発揮します
構造は二段ダンパーに準じますが、細部は粒体の大きさ・形状・性質に応じ、都度設計いたします
駆動方式は、構造上エアシリンダ式となります
 
 

用途

高いシール性が求められるところでの粒体の供給排出に
  三段ダンパー
 
 

SUS304製

 

 
 
 
 

SS製

 

 

  外形図・寸法表はこちら   お見積はこちら  
         

単段ダンパー(シングルダンパー、シングルフラップダンパー)

特徴

二段ダンパーを一段にしたもので、構造は二段ダンパーに準じます
駆動方式は、パワーシリンダ(モータ)式、エアシリンダ式があります
 
 

用途

ホッパ下等に設置し、粉体の貯留、貯めたもの排出に
粉体の排出中に閉じることはできません
 
  単段ダンパー
  外形図・寸法表はこちら   お見積はこちら  
         
  • お見積りはこちら
  • お問い合わせはこちら