HOME > 製品案内 > 混相流体用分離機

混相流体用分離機Centrifuge

 

高性能サイクロン

サイクロンは、遠心力と重力すなわち慣性力により混相流体の中から粒子を分離させる慣性分離装置です。
高性能サイクロン  
特長
 

・驚異の捕集率を実現

 本格的な基礎理論に支えられた実験とデータ解析により、驚異的な

 捕集率を実現しました。

 

・利用技術も確立、高性能を遺憾なく発揮

 高性能を発揮するには、サイクロンの適正な使用が不可欠です。

 

・多様な需要に応える製品ラインアップ

 それぞれの特性を生かした高濃度用・低濃度用・粒片用をご用意

 しております。

 

・捕集の限界粒子径について 

 理論上、小さいものは数μm程度まで。ただし、数μm以下の微粒子

 でも凝集して見掛け上 粗大粒化しているものは、捕集されることに

 なります。

 
外形図・寸法表はこちら   お見積はこちら
ラインアップ

  

高濃度用サイクロン SCC型

高濃度の粉体・粒体の捕集に

 

高濃度用SCC型
 
高濃度下でも30μmレベルで捕集率99.8%以上という高性能特殊型です。
多量の粉粒体流下を可能にしたことで、従来型では不可能だった高濃度の粉粒体も高効率捕集を可能にしました。
 

低濃度用サイクロン SCAP

低濃度の粉体・粒体の捕集に

 

低濃度用SCAp型
 
低濃度専用、捕集率99.8%以上の高効率捕集機です。
サイクロンの形状としては一般的なものですが、最も捕集率が高くなるように設計されたものです。
 

粒片用サイクロン SCB型

粒片状物の捕集に

 

粒片用SCB型
 
ゴミなどの粗大品でも詰ることなく高性能捕集できる、粗粒物専用の円筒型特殊サイクロンです。
 
SCC型
SCC型サイクロンの製作例
 
SCAP型
SCAp型サイクロンの製作例(-97kPa仕様)
 
SCB型
SCB型サイクロンの製作例
 
 
使用例
 

コンタミ「0」に

ファインケミカルなどコンタミ「0」を要するライン用として。

 

ロスを最小に

高価な原料の捕集率は、コスト上極めて重要です。

 

バグフィルタの負荷を最小に

高性能サイクロンをバグフィルタの手前に設置することで、バグフィルタの負荷を最小に抑えることができます。

 

バグフィルタからの万一の吹き出し対策に 

バグフィルタだけでは、ろ布の破れ・外れなどが発生すると、粉塵がところ構わず吹き上がる恐れがあります。万一の場合、吹き出しを最小限に抑えることができます。

 
サイクロン適用チャートはこちら
 
 
 
ご使用の粉体・粒体を使った実験も承ります
 
弊社つくばテクノセンタにて、実験・データ収集・解析を行い、捕集率を確認することができます。
 
実験の受託についてはこちら
  サイクロンの納入事例はこちら   サイクロンについてのよくある質問はこちら  

 

 

液体サイクロン(SCLA型)

砂粒などの分離除去、あるいは懸濁液の濃縮機等として威力を発揮する液体専用サイクロンです。
液体サイクロン(SCLA型)  
■用途

砂粒などの除去に

・井戸水などに含まれる微量の砂粒を分離除去したいとき

・ストレーナやフィルタで起きる目詰まりを避けたいとき

 

濃縮機として

懸濁液などを濃縮して再利用したり、除去したいようなとき
 
※サイクロンは慣性力による分離機のため、いずれも液体より粒子の比重が大きいときに限られます。詳細はお問い合わせください。
 
 
外形図・寸法表はこちら   お見積はこちら

サイクロンヘッド(SCH型)

タンクの上などに高性能サイクロンの設置に必要な高さが取れないときなどに、最大限の性能を確保しつつ捕集を行う特殊サイクロンです。
サイクロンヘッド(SCH型)  
■用途
天井高の制限で必要な高さが取れないとき、送り終わりのタンク上で粉粒体の捕集に
粒度が大きく高性能サイクロンを要さないときの粉粒体の捕集に
 
 
 
外形図・寸法表はこちら    

破砕防止レシーバ(SRcA型)

破砕防止レシーバー(SRcA型)  
空気輸送の送り終わりで、こわれやすい粒体を破砕させずに捕集するために使用します。
 
サイクロンでは重力の100~200倍という大きな慣性力が発生するため、やわらかな粒子では破砕が起きます。この破砕を最小限にするための特殊構造を有する捕集機です。
 
 
 
外形図・寸法表はこちら    
  • お見積りはこちら
  • お問い合わせはこちら